お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



ご注文

ご注文はこちら



関連製品

Patch Cable



DC cable



SnapEnd



SpeakerCable

アンプ・ヘッドとキャビネットとを繋ぐスピーカー・ケーブル。
必要以上に太いケーブルは一見(一聴?)レンジが広くて太い音がする感じですが、ローが出るのと音が太いのは違います。
ローが出ると重い感じは出ますが輪郭がぼやけやすくてアタックが柔らかい印象があります。
逆に細いケーブルはハイが立ちやすく輪郭がハッキリしているぶん、重みは無いですがセンシティブで硬いイメージです。
これもまたシールド・ケーブルと同じく、出したいサウンドの狙いや好みで選べばいいんじゃないかと思います。
NeotenicSoundのスピーカー・ケーブルはちょうどその間、輪郭はクッキリしていますがやかましくなく、音の芯をしっかり捉えることで豊かなクリーンと歪みサウンドでも音が崩れてしまいにくい特性を狙っています。
音色はともかく現場でトラブルが少なく壊れにくいものを、というシリーズですから、タフさが要求されるツアーバンドにもオススメしています。
また近年では小型でワット数の大きなベースアンプ・ヘッドを持ち歩いているベーシストも少なくありません。
そういったシーンでも強力にサポートしてくれるのが、このスピーカー・ケーブルです。
長さは1300mm。
これは今までいろんな実験をやってきた結果から導き出したひとつの理論値で、一般的なアンプ・ヘッドとキャビネットとを繋ぐケーブルとして最適な長さになっています。
アンプを設置するにあたっての物理的な距離からくる長さがどうこうではなく、一番音楽的にしっくりくるサウンドが出る長さです。
アンプ・ヘッドをお持ちの方はぜひご活用ください。
スピコンでの製作も可能です。

【 SpeakerCable 】
・1300mm 税込定価 16,200円

製品に関するお問い合わせ、御質問等はこちらまで





ホームページ テンプレート フリー

Design by