お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



試奏購入

試奏購入ご希望の方はこちら



ご注文

ご注文はこちら



ポケット・シリーズ




関連製品

RushUp



PumpUp



Setter



Sunset



SnapEnd



BeagleJoe

試奏動画



演奏:和泉 聡志   

製品解説

 

【BeagleJoe】
オーバードライブ領域で出したいサウンドは2種類に大別されます。
ひとつはアンプライクなもの、もうひとつはエフェクティブなものです。
BeagleJoe(ビーグル・ジョー)はそのうち後者のエフェクティブなタイプのオーバードライブにあたります。
エフェクティブというのは、元はアンプの歪みをイメージして作られた回路でしたがその独特なレンジ感と歪みかたが音楽にうまくマッチしたことで人気になり、それもひとつのエレキギター・サウンドとして定着したものをいいます。
音の芯は残りつつ、輪郭がリアルにクッキリしすぎないことで、うまくアンサンブルに溶け込んで歌モノ楽曲でも目立ちすぎません。
グシャー!クゥーン!というサウンドは原音に比べるとかなり崩れた音色になる印象ですが、全体的にミッドに寄った独特なレンジ感ゆえアンサンブル中で決して奥に引っ込んでしまうわけではありません。
ビーグル・ジョーのようなエフェクティブなオーバードライブを使うときのコツは必要以上にドライブを上げすぎないことです。
「ここが気持ちイイ!」というポイントよりほんの少し下げると楽曲中でギターが映えてきます。
アンプの向きや高さ、ライブではモニタの返しなどを工夫して、まずはしっかりとしたモニタリングができる環境にしてから音作りすると、自然とドライブの量は行きすぎないようになるでしょう。
ソロなどで一時的にゲイン感を上下させたりしたい場合にはRushUp(ラッシュ・アップ)を手前につないでブーストさせるのが効果的です。
エフェクティブな真ん中に寄ったレンジ感のまま歪みの雰囲気を変化させたいときにはイコライザのPumpUp(パンプ・アップ)との併用がよいでしょう。
同じ音色の傾向のまま音量を上下させるにはビーグル・ジョーの後ろにSetter(セッター)を繋ぐのが便利です。
また、アンプライクなオーバードライブがお好みでしたらSunset(サンセット)がオススメです。


【 BeagleJoe 】
税込定価 19,440円

製品に関するお問い合わせ、御質問等はこちらまで



取扱説明書   クリックすると大きくなります





ホームページ テンプレート フリー

Design by