お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



関連製品

MagicalForce



PumpUp



DriveKing



【 DriveKing 】

最近はNeotenicSoundポケットシリーズの歪みエフェクター【DriveKing】が工房に来るバンドマンたちの間で密かな人気アイテムになっています。
見た目はシンプルですが、かなり多彩なサウンドメイクができるツールで、「基本的な軸になる歪み音」を作ることができると大変好評です。

サウンドメイクのセミナーなどでお話ししている歪みサウンドのカッコよさの秘密というのがあります。
それは『軸になる歪み音の歪み方』『歪み音のキャラ特性』『歪んだときの迫力設定』の3要素に分けて考えることです。
『軸になる歪み音の歪み方』は、グシャ、ギャー、ブビー、など、原音に対する崩れ方です。
『歪み音のキャラ特性』は鼻詰まった感じやドンシャリなどの癖の部分です。
『歪んだときの迫力設定』は音圧や輪郭や密度などのいわゆる雰囲気を含めた迫力の部分です。

ドライブ系エフェクターはそれらの3要素のバランスがいろいろ混ざってひとつのペダルになっていることが多いので、歪み方は好きだけど迫力が気に入らない、あるいは癖は好きなんだけどグシャの感じがちょっと違う、などで好みの歪みエフェクターと出逢うまでずっと取っ替え引っ替えするという迷路にはまってしまいます。
歪みエフェクターの多くはその3要素の別々のペダルが合体した小さなマルチエフェクターだと思ってください。
ドライブ、トーン、、となっているものはドライブのペダルにトーンのペダルが合体したものです。

ということは、突き詰めていけば餅は餅屋、好みの歪み方をするタイプのドライブペダルを選び、細かいトーン設定が出来るイコライザペダルをつないで、迫力がコントロールできるダイナミクスペダルにつなげば、理想の歪みサウンドに足元で追い込むことが出来るということです。

そうした場合に冒頭の【DriveKing】が軸になる歪みとしてかなり使いやすいエフェクターなんです。
例えばNeotenicSoundエフェクターだけでやってみると、軸になる歪みを【DriveKing】で、キャラ特性はイコライザの【PumpUp】で、迫力コントロールは【MagicalForce】で、という組み合わせでまるで高級なアンプヘッドを持ち込んだかのようなサウンドに追い込めます。

【DriveKing】はカテゴリ的にはファズなのですが、ファズとして以外の使い方の幅がかなり広いドライブペダルでもあります。
表にあるレベルのツマミとファズのツマミとで出力音量と歪み具合を調節するだけの、実にシンプルな構造になっています。
ところがこのドライブキングには左サイドにアジャストという聞き慣れない補正ツマミがついています。
このアジャストは原音に対する崩れ具合の質を決めるもので、下げていくと歪みの質が原音重視のオーバードライブ風のサウンドになっていき、ファズのツマミでその歪み具合を調節することができます。
またアジャストを上げていくと徐々に歪みの質が激しくなり、クラシカルな粗く崩れたディストーションサウンドを経て、最後はイッちゃった発振系ファズまで出せるようになります。

こうして【DriveKing】でお好みの軸の歪み方にしたら、音色補正の専門家【PumpUp】でイコライジングをします。
【PumpUp】はバスとトレブルのみの調整になりますが、両者を下げてレベルで引っ張るとクセのあるミッドがしっかり出るのでどんなタイプのキャラにでも分かりやすく追い込むことが出来ます。
迫力のコントロールはお馴染みの【MagicalForce】で音圧、輪郭、密度、を作ってやればバッチリです。

いっそ全部合体してくださいよ、という声もあります(笑)
合体カスタム製作も承っていますのでホームページのお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

【DriveKing】のページはこちら
【PumpUp】のページはこちら
【MagicalForce】のページはこちら