お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



試奏購入

試奏購入ご希望の方はこちら



ご注文

ご注文はこちら



BlueGainer #5

【 BlueGainer #5 】
BlueGainer本体に搭載されている『Level』ツマミについてお話しします。
オーバードライブの狙いと役割のお話のなかで、発音定位というキーワードが出てきましたよね。
オーバードライブさせることによって音色のキャラを変えるだけでなく、状況によって一段階前に競り出したい場合、伴奏に徹するときにアンサンブルに溶け込むように一歩下がりたい場合など、あるいはオンとオフとで立ち位置を変えたくない場合も含めてですが、そういった発音定位の前後を、この『Level』ツマミの加減で調節することができます。
前回お話しした、楽器側のボリューム操作で歪みの成分を増減させることが出来ると言いました。
その原音にまとわり付いてくる「グルグル、ミ゛ーー」の部分がスピーカーの前にドーナツ状に居てるイメージをしてみてください。
そのとき『Level』ツマミが下がった設定にしていると原音の発音定位がドーナツの穴より引っ込んだ位置に、ツマミを上げていくとドーナツの穴を徐々にくぐり抜けて原音の発音定位が手前の位置に競り出してきます。
この原音の発音定位が、歪みが深すぎる(あえてそう表現してみます)ことで奥に引っ込むのが原因で、アンプの前に置いたマイクがオンとオフとで差が出てしまうためにドライブを控えめにしようというジレンマに陥っていたのです。
ドライブの度合いに関係なく原音の発音定位がしっかり出ていたら、たくさん歪んでいてもマイクはしっかりと芯を捕らえますので思う分量だけドライブさせることが出来るのです。
ですから、BlueGainerをオンオフさせながらLevelツマミで発音定位を決め、手元のボリュームで歪みの成分のドーナツのサイズを決め、演奏上の細かなニュアンスはピッキングの表情で出す、という手順でバッチリなわけです。
あとは「こういう感じで歪んで欲しい」というイメージをしっかり持って弾くことで、そういうサウンドがアンプから鳴ってくれるでしょう。

       

ホームページ テンプレート フリー

Design by