お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



試奏購入

試奏購入ご希望の方はこちら



ご注文

ご注文はこちら



BlueGainer #2

【 BlueGainer #2 】
まず音楽的な見地からBlueGainerに込めたいものを考えてみました。
歪み、特にオーバードライブなサウンドにおいては、歪むことでアンサンブル中での狙いといいますか役割といいますか、が二種類に分かれます。
ひとつはアンサンブルの塊から一歩前へ出ること。
ギターソロであったりギター主体のギターを前面に押し出すような音楽などの場合に、オーバードライブを踏む前と踏んだ後とで違いを出すのに歪むだけでなく少し存在感を持たせたいということがありますね。
多くの場合に音量の差で調節すると思われますが、実際は音量ではなく鳴っている音自体の中心点(エフェクトロニクス用語で「発音定位」といいます)をコントロールすることで手前に競り出させたり奥に引っ込めたりさせなければなりません。
定位が遠くにある状態で音量だけが上がっても、遠くで叫んでいる感じにしかならないので主旨が変わってきます。
ギターは歪むと迫力が増した感じにはなりますが、同時に原音は崩れるため、腰が砕けて音の定位が奥に引っ込みがちです。
ですから歪ませすぎると遠くでミーーっと鳴っているようになり、他の楽器と混ざったときに埋もれやすくなってしまうんですね。
なので歪みのゲインは心持ち下げ目でセッティングするくらいがちょうどいい、みたいにも言われたりしますが、いえいえ、気持ちよく弾くにはこのくらい歪みたいんですってばというジレンマもありますよね。
ブースターを踏むという手法がありますが、このあたりのことがうまく理解出来たうえでセッティングしないと余計に奥に引っ込んでしまって狙いとはチグハグな結果に陥りやすいです。
BlueGainerではドライブやトーンのツマミがないぶん、そういった発音定位のコントロールが上手くできるつくりに出来たら良いかもしれないな、と考えました。

オーバードライブを使うときの役割には主に二種類に分かれます、というお話で、アンサンブルから一歩前へ出るということについて触れました。
もうひとつはその逆、景色に溶け込むように一歩下がった状態で他の楽器の間を埋める、ということがやりたいときにオーバードライブが使えます。
お笑い芸人さんの雛壇でのガヤなんかもそういう感じですね。
個々としては具体的に何を突っ込んでいらっしゃるか聞き取れない場合でもとても盛り上がっている感じが出て楽しいノリが出ます。
音楽の場合でも同じで、サイドギターでバッキングをするときなどで明確なリフを弾くとかではなく間を埋めるようなことをやりたいときに、オーバードライブさせた音色で発音定位を少し後ろに引っ込めることで狙い通りにうまく表現出来ます。
ハイエンドでセンシティブな音色ばかりでセットを組んでしまうとこういうときに自己主張が強くなりすぎて音量を下げてもクッキリハッキリ出てしまうんですね。
そうするとアンサンブルの中で混ざりが悪い印象になってしまうんです。
これらのことから、BlueGainerではシンプルなツマミがひとつのエフェクターではありながら、この発音定位がバランスよくコントロール出来るものにすればものすごく音楽的に使いやすいだろう、という開発目標が決まったのでした。

        

ホームページ テンプレート フリー

Design by