お問い合わせ

製品のお問い合わせご質問等はこちら



ご注文

ご注文はこちら



Recording Studio での実践レポート


接続はアコースティック・ギターから【AcoFlavor】に入力してピックアップの電気信号バランスを取り、それを【PureAcoustic】に入れて楽器そのものの鳴りかたの補整を追い込んで、D.I.(今回はカントリーマンを使用)に繋いでレコーディング機器に送る、という流れです。
ピックアップはピエゾとマイクをブレンドできるタイプのものがついたもので、こういう場合はピエゾで【AcoFlavor】とのバランスを取りつつ、少しずつマイクを足していく手法が音決めが早いコツになります。
結果は「そのままでもじゅうぶんなくらい使える音」でした。【AcoFlavor】と、【PureAcoustic】のようなプリアンプとでは役割が違うので、例えばプリアンプのみで電気的なエレアコくさい成分を削ろうとすると楽器そのものの帯域と被っている部分まで削られてしまうので、そこだけをフィルタリングさせるというのはプリアンプやPA卓でも容易にはできないんです。
なので楽器からまず【AcoFlavor】に繋いでエレアコくささを削ぎ落としてから【PureAcoustic】のようなプリアンプで音色のキャラや音の響かせかたのバランスを調整するというのが、生々しくも弾きやすい(ということは聴きやすい)サウンドメイクの極意になるんです。
ライブではこれでじゅうぶんかと思います。
レコーディングになると、より空気感などが求められますので、それは楽器本体から出た後の響きの部分を足すイメージで、演奏の実音を拾うというよりは周辺の空気を拾う目的でアンビエンス・マイクとしてコンデンサマイクなどを置くと良いと思います。
ラインとアンビエンスを混ぜるときはピックアップのブレンドと同じ考え方で、ラインの音に対して少しずつアンビエンスを足していって自然な位置で止めるという手順がよいです。
その際に大事なのは「アンビエンス・マイクの位置によってラインの信号とは位相がずいぶん違うので補正する必要がある」ということです。
単に足すだけだと位相差が強く出て音量のわりに芯のないショワショワした音になりやすいのでアンビエンス側を位相反転させるなどして混ぜてみるとずいぶんしっかりした生音感になるでしょう。
【AcoFlavor】は新しい感覚のエフェクターというイメージですが、本当は昔からみんなそうしたかったんじゃないかな、と思えるほど素直で素朴なアコースティック楽器らしい生音感になる、とプレイヤーだけでなくエンジニアさんたちにもこのサウンドメイクの手法が徐々に受け入れられてきています。


ホームページ テンプレート フリー

Design by